page top

サービス案内 フロント・メディアの提供するサービスのご案内です

0263-41-7571
トップページ » サービス案内 » ホームページ制作 » 制作ガイドライン
サクサク制作

最適なカタチ、最適な品質

フロント・メディアでは、制作のほぼ全てを社内スタッフが担当しています。
限られた条件の中で迅速に、臨機応変な対応が可能。

専門知識を活かして「最適なカタチ」を作り上げていきます。

この「最適なカタチ」がポイント。
他のホームページで見たあのカッコイイ動き...あると便利なシステム...
それは、たいがいできます。時間とお金をかければ。

でも、ちょっと待ってください。
本当に必要なものは、なんですか?

驚くようなカッコイイ建物や、近所で類を見ない高層ビルを作っても、中身がなければ見た人はがっかりするだけです。
大事なのは、中身。
中身をいかにうまく見せられるか。
伝えたいことを最大限に伝えることができるか。

だから、わたしたちはオーバークオリティは、やめます。

オーバークオリティではなく、オプティマルクオリティ(最適な品質)を。

あなたの会社やお店に最適な品質のホームページを提案し、制作します。

検索エンジン対策

正しいことを当たり前に

  • 検索結果に上位表示されること
  • 表示されたものを、よりクリックされやすくし、ホームページへ誘導する精度を上げること
  • 見るものを引きつけ、購入などの成果へ結びつけやすくするページを作ること

これらが大切なのは当然です。
でも例えば上位表示されるため"だけ"の対策は、必要ありません。

SEOやSEMといった検索エンジン対策の用語がよく聞かれます。
例えば検索結果を上位にするための技や、テクニックもありますが、それは一過性のもの。
テクニックだけで上位になったものはいずれ、検索エンジンのほうからはじかれます。
はじかれないように、また新たなテクニックが生まれ、またはじかれ...生まれ...。

SEOやSEMについて、わたしたちはずっと考えてきました。
お金と時間がたくさんあれば、その対策は可能です。
でもそれに意味があるのだろうか?
もっとちがう、効果的なお金と時間の使い方があるのではないだろうか?

そして、わたしたちが出した結論は、WEB標準準拠。「正しい文法」で記述することが、検索エンジン対策につながるということです。

正しい文法で記述することは、SEOの向上はもちろん、作業の効率化、見る環境による差異の削減などにもつながります。
今だけではなく、これからのことも考えて、小手先のテクニックに頼らない。
正しいことを当たり前に正しく行うことが一番大事なのです。